不妊治療について

TOP > 不妊治療について

不妊治療について

不妊治療について

子供の写真
10組に1組が不妊と言われていますが、最近はそれよりも多くの夫婦が不妊の悩みを抱えているように感じます。
当院にも不妊治療を受けられる患者様が多くみえますが、タイミングだけで赤ちゃんを授かる方もみえますし、一般不妊治療や体外受精を併用して赤ちゃんを授かった方もみえます。
当院の不妊治療の方針と考え方は、年齢が20代~30代半ばで、基礎検査に問題がなく不妊期間がまだ浅いのであれば、鍼灸治療をしながら半年ほどタイミングで様子をみられるのをお勧めします。
30代半ば~40代になると、西洋医学と併用して治療を受けられている患者様が多いですが、西洋医学での不妊治療期間が長ければ長いほど、体に負担が掛り心身ともに消耗し、ストレスも強くなっているように見受けられます。
不妊への思いが強く、ストレスフルになっているとホルモンバランスも崩れ、子宮内環境も悪くなります。実はこのストレスが不妊の大きな原因になっていることが多いです。
その場合、まずは心身の緊張を緩め、弱った体を立て直し母体を健康にして妊娠しやすい体の土台作りから始めます。

体の土台作りが出来たら、周期調節法を用いて治療します。周期調節法とは月経周期ごとにツボを変え、体を整えて妊娠しやすい環境づくりをします。

【月経期】 月経血を完全に外に排泄させ、子宮内膜をきれいに保ち古い血を残さないようにします
【卵胞期】 子宮内膜と卵胞の成熟を助けるように治療します
【排卵期】 卵胞をスムーズに排卵させ、高温期へ移行させます
【黄体期】 高温を維持させ、受精卵を着床養育できるように治療します

自宅で、毎日自分でお灸をすることもお勧めします。お灸するツボは周期ごと、体調などで変わりますので指導させて頂きます。

子供は授かりものです。治療して子供を授かる方もみえますし、西洋医学、鍼灸ともに治療を一旦お休みして完全に気持ちが子供への執着から離れたら、授かった方もみえます。
又何をしても授からないというのは、自分の身を守るためということもあります。
自分の体に余裕があってこそ子供を授かる可能性が出来てくるのだと思います。

不妊の写真