症例

TOP > 症例

イメージ

鍼灸治療が初めての方は、自分の症状はどれぐらいの頻度で、どの位の期間通えばいいのか知りたいと思います。
その方により体質、病歴、病の程度が違いますので、実際に診察してみないと何とも言えませんが、一般的には病にかかった期間が長かったり、病状が重ければそれだけ治療期間もかかり、病状が軽かったり、病に罹ってから日が浅ければ、治療期間は短くなります。

通院頻度としては、1回目の治療作用が消えないうちに2回目の治療をしたほうが効果が高まりますので、最初のうちは週に2~3回、症状が緩和してきたら週1回、10日に1回というように間隔をあけていくのをお勧めします。

長期にわたる疾患の場合、数回治療しないと変化が表れないことがありますが、その間に一番つらい症状だけでなく、その他の気になる症状が緩和されるなど、何らかの良い効果が期待でき、体が快方へ向かっているのを感じられると思います。

鍼灸治療を継続するなかで、もし不安な事や、心配事、疑問がありましたら、いつでもお気軽にお話ください。
多くの症例のうち一部を載せましたが、例え同じ病名でもその方の症状の程度や生活環境、食生活、仕事の状況などにより、治り方や治るまでの時間が違いますので、それをご理解のうえ、参考にしていただければ幸いです。

子供の吃音(どもり)

初診20201年4月 8歳女児

症状・経過 言葉の出始め2歳前後は普通に話せていた
年少3歳ごろ、下の子が生まれるころから言葉のはじめつまるようになる
母親が年中に上がる頃に仕事復帰  年少から年中は言葉の詰まり酷かった
仕事が忙しくバタバタしているのがよくないと思い、年中後半に仕事を辞める
非常勤になってから吃音よくなり2年ぐらい気にならなくなる
2年半ぐらい前からフルタイムに戻る
2021年年明けごろから母親の仕事が忙しくなりその頃から酷くなる
週4回バレエ教室に通う(本人の希望で)
5月に初のコンクールに参加するため、3月末から練習がハードになった
まじめで社交的 イやと言うことがない 本人が気にしており、治したいから病院へ連れて行ってほしいというので受診した 
小児科はまだ受診していない
カ行タ行が出なく詰まる 例えばツツツツ・・・
腹部・頸背部緊張強い 特に季肋部・肝兪~腎兪まで 眼瞼結膜青っぽい 舌先紅点(⧻)
小児鍼で治療 
4診目 母親的にはだいぶ良くなったように感じる 本人はつまる感じある
8診目 本人もあまり詰まらなくなったと言う
一旦治療を終了して様子をみてもらうことにしました
ハードなバレエの練習も自らの意思で頑張り、勉強もちゃんと自分でする手のかからないタイプの女の子です
体の緊張が強かったり、舌先の赤みが強いことからも自覚していなくてもストレスはかかっていて身体症状として表れています
大人と一緒で子供も体や脳神経が疲れると様々な症状がでます 
小児鍼により体の緊張を取り、リラックスすることで自律神経が整い症状が改善されました


メニエール めまい 耳閉感

42歳女性 初診2021年5月中旬 

症状 4月下旬風邪をひき喉痛・右耳聞こえなくなる・軽いめまい・鼻水・鼻づまり
風邪をひいた翌日ご主人と大喧嘩した
風邪が治っても右耳のつまり、めまい治らずここ3日間はフワフワして立っているのがつらい
耳鼻科受診しメニエールと診断される 聴力は異常なし
右耳つまって膜が張っている感じ 時々キーンと耳鳴り
頭の中がフワフワし寝転がるとカーとのぼせる感じで眠れない
目の焦点が合わない 味も感じにくい(塩味が感じにくい)

悪化;雨天 起床後昼過ぎごろまで 頭を動かす 横になる
緩解;朝起床時 夕方から 人と話しているとき 入浴 飲酒

淡紅舌 舌根~舌中部白膩苔 舌先部紅 短脈で数 右季肋部~脇腹にかけ緊張 

風邪による風火とご主人と喧嘩したことで起こった肝陽化風があわさり元々あった水湿の邪をおしあげ耳を塞ぎめまいを引き起こしたと考えました。 清火熄風・平肝潜陽・健脾除湿を目的に治療しました。

治療経過 2診目 耳の詰まり10→1
味覚も戻ってきているフワフワの回数が減り、横になるとのぼせる感じはまだあるが、以前より眠れている

3診目 フワフワの回数・強さ減る10→2 
昨日は雨天だったが調子よかった
月経痛がいつも強いが鍼の副効果か今回は月経痛がない

コメント 耳鼻科でステロイドを1週間服用しその後ビタミン剤やめまい止めを服用していてもなかなか改善しなかったのですが、鍼灸治療がよく効いた症例です
症状が良くなると同時に舌の分厚い苔も取れてきました
身体にたまった水湿の邪が取れ、上に上っていた気が全体に回るようになった証拠です
まだ横になるとのぼせる感じは残っているので今後治療し上に上った気を引き下げることでその症状も改善されると思います。


不眠

46歳女性(フランス人) 初診2021年5月

症状 元々心配事あると夜中目覚めて頭の中で考えを巡らせていた。多夢(難しい疲れる夢多い)
普段は22時~23時にベッドに入り30分程ぐらいで寝つき、7時頃に目覚める。
2020年1月母が骨折してフランスへ帰った。コロナの影響で帰ってこれず9月にやっと帰ってこれた。
フランスにいる間母と2人生活でしんどくストレスフルだった。
今年に入って調子悪い
1か月半前から寝つき悪くなる。22時~23時にベッドに入り2時まで眠れない。7時頃まで寝るが多夢で疲れる。
昼寝しても疲れとれない。早く眠れても3時ごろ目覚め眠れないか2度寝してしんどくなる。
今は心配事や不安、悩み事ない。日中サイクリングやヨガ、ストレッチしても余計覚醒して眠れなくなる。
眠れないので気分が鬱々とし、体がしんどいので日中活動的に動けない。
今まで規則正しく毎朝普通便1回あったが、今年に入ってから夜に2~3回軟便がでる。

治療経過 心脾両虚として健脾益気・養血安神を目的に治療しました

2診目(4日後)前回治療した日は20時から5時まで眠れた。以後は寝つき悪く2時まで眠れない。多夢だが眠り少し深くなった気がする

3診目(4日後)少しずつ寝つきよくなり眠り深くなる。昨日は12時30分~8時30分までぐっすり眠れた。
午前中1回だけ軟便あり。

5診目 6~7時間ぐっすり眠れる。夢は見ているが覚えていない。やる気や集中力が戻ってきて日中活動的に動ける。排便も良好。今日月経始まる。いつも初日痛いが鍼治療の副効果か月経痛ない。

 

コメント  現在も治療継続中ですが、いい調子で回復してきています。
大きなストレスが長期継続し心血が消耗し、脾気が損傷され心神不安となって不眠になったと思われます。
鍼灸治療で体のバランスや自律神経を整えることで眠れるようになりました。
もう少し治療を継続して安定すれば自力で眠れるようになると思います。

2人目不妊

39歳女性 初診2020年12月

症状 2009年結婚
2015年人工授精5回目で妊娠
2015年第1子出産
2018年2人目を意識しだし、病院受診

1~2年前から空腹時急に腹痛。3~4時間すると下痢して治る
月に3~4回あり、1度なると毎日又は1日おきに続く。 胃カメラ問題なし
今日も寒さを感じたら腹痛してきた
10年ほど前から喘息
通年性の鼻炎あり

色白・口唇淡泊・淡泊舌・白膩苔
脾兪~大腸兪にかけひどく虚軟 

治療経過 脾陽虚・衝任虚寒として温中運脾を目的に治療しました

2診目(2週間後)前回から腹痛・下痢ない
  2日前に下腹痛・腰痛あったので月経来ると思ったがまだ来ない
   風邪をひき咳こむ。咳が出だすと喘息発作が出る
   風邪の治療をし、治療後は咳込みが減る
   
3診目 今日病院受診して胎嚢確認できた 前回後喘息発作は出ず咳が治まる
13診目まで週に1回つわりの治療を続け、安定期に入りつわりもよくなったので一旦治療を終えました。

コメント  18回目の人工授精での妊娠でした。
人工授精し、たまたま高温期6日目に治療したのですが鍼灸治療が着床しやすい状態に導いたのではないかと考えます。
この患者様は脾陽虚(胃腸系の冷え)があり手足の冷えも強かったですが、治療後は体が温まり1~2年前からあった腹痛下痢も治りました。2診目には脾兪~大腸兪(胃腸系のツボ)の弱りがかなり改善されており、舌の白膩苔(胃腸の冷えにより苔が増えた状態)も薄くなっていました。
鍼灸治療は子宮内膜の状態を改善するというエビデンスがあります
今回たまたま着床の時期にした治療で体が温まり子宮内の血流も改善しいい結果に結びついたのではないかと思います。
元気な赤ちゃんが生まれてくることを心待ちにしています。

更年期症状 不正出血

52歳女性 初診2021年1月

症状 2020年11月初旬に月経 11月20日から出血が続く
月経3,4日目ぐらいの出血量があり1日数回ナプキンをかえる
10日に1回ぐらい日中に夜用ナプキンをつけていてもあふれる
時々血塊の大きいものが出る 普段も小さい血塊あり
病院で子宮体癌の検査するも陰性 貧血あり
トランサミン錠(止血剤)服用するも不変

治療経過 脾気虚弱による脾不統血 衝任不固としてお灸を主に鍼灸治療しました

2診目 血塊はなくなるが出血は続いている 不正出血が始まってから不眠だったが夜眠れるようになる

2診目の後出血量減り、5日後には止まりました

コメント  長期間(2か月)不正出血が続き、血虚が助長され不眠にもなっていました。
治療は不正出血を止めるツボにお灸をし、脾虚血虚を補うように治療しました
患者様は出血が止まりとても喜ばれており、施術者もお役に立ててとても嬉しいです。
年齢的にホルモンバランスの崩れからくる不正出血だと思いますが、
鍼灸治療をすることでホルモンバランスが整い、出血が止まったと思われます。

40代2人目不妊

42歳女性 初診2020年6月

症状 2015年結婚
2016年第1子出産(第1子は結婚してすぐに妊娠)
2018年妊活始める 月経不順ではあったがタイミングで3か月後妊娠
2019年初期流産
2020年1月からタイミング 月経不順 月経量が減る
2020年4月から婦人科に通う
   5月排卵を促す注射 2~3日後排卵していなかったので再度
   注射
   高温期10日間で月経くる
〈体表所見〉弦虚脈 尺脈虚 淡紅舌薄白苔
      衝任不固 腎虚 

治療経過 週2回治療

13日目に卵胞19ミリ 
タイミングをとってもらい、16日目排卵済み確認 

10日分ルトラール処方される

37日目 自分で妊娠検査キッドにて妊娠陽性確認

現在9週 順調に経過しています

コメント  治療を始めてからすぐの妊娠でした。
週2回治療に通い、毎日の自宅でのセルフ灸のおかげで
初診時身体に見られたアンバランスな状態が整っていくのが
こちらからもよく観察されました。
体調が整いホルモンバランスが改善されたことで早期の妊娠に繋がったのだと思います。
2021年2月無事に出産されました。

陣痛促進

38歳女性 初診2020年6月

症状 現在39週0日 第1子切迫早産、逆子で帝王切開 
第2子は普通分娩予定 今回も切迫早産で自宅安静をしていたが37週超えても全く生まれる気配がない
42週を超えると帝王切開になるので何とか正期産で生みたいとのこと。
現在胎児は2900g~3000g 内診でグリグリされると出血・腹張あるがすぐ治まる
子宮口3センチ 子宮頚管1センチ
〈他症状〉軟便 長時間座って立つとき左内股に痛みがある
気血両虚とみたて補気益血を目的に治療 内股の痛みの治療も同時に行う

治療経過 2~3日おきに治療

2診目 1.5時間歩くと収縮痛あるがおさまってしまう。
    スクワットも日に3回10回ずつしているが全く張らない

3診目 以前より腹張多い 

4診目 頻繁に腹張あり 
    長座から立ち上がる時にあった内股の痛み緩和 
    予定日に産婦人科受診 子宮口3センチ 状態は良い

5診目 前駆陣痛以前より増えてきた

6診目 前回治療後陣痛10分おきから6分おきになったので
    病院へ行こうとしたら陣痛遠のいてしまう
    今は30分に1回陣痛あり
    治療した夜に破水したと連絡あり、翌日順調にお産が進み
    生まれましたとのご報告がありました

コメント  お母さんの絶対下から産むという強い気持ちが届き予定日からちょうど1週間後にはなりましたが無事生まれてきてくれました。
お産も順調に進み母子とも元気に出産を終えられ本当に嬉しいです。

妊娠初期の絨毛膜化血腫による不正出血・下腹部痛

症状・経過 2019年9月から不妊治療で来院されていた患者様。
2020年1月にタイミング+人工授精をし、月経予定日から少量の鮮紅色出血が2~3日あり、その後茶色のおりものが続いていました。

月経予定日から1週間後に自分で尿検査をし陽性確認。ちょうどその日に治療に来られたので不正出血をとめる治療をしました。

翌日からピタッと不正出血がなくなったとのこと。数日後に病院受診し、胎嚢確認できました。ただ胎嚢のそばに大き目の絨毛膜化血腫があると診断されました。

※絨毛膜化血腫とは胎盤を作るときに何らかの理由でうまく作れず、子宮内に血腫ができることです。代表的な臨床症状は性器出血と子宮収縮。感染症や流産のリスクが高まります。妊娠初期に自然消失することも多いですが、中期まで持続すると絨毛膜化羊膜炎、胎盤早期剥離、羊水過少、胎児発育不全に至ることもあります。

1週間後の受診で心拍確認されました。不妊専門の病院から産院へ転院しエコーでみてもらうと絨毛膜化血腫は消失していたようです。

そのころから日に4~5回10分ほど下腹部がキューとしたりドーンとした痛みあり。横になって休んでも治らない。便秘があったが水分を多めにとるようにして最近は排便あり。
子宮痙攣をとめる治療をしました。1週間後に来院してもらうと前回の治療直後から下腹部痛がなくなったとのこと。とても喜んでおられると同時に鍼灸の即効性にとても驚かれていました。

現在9週になり、順調に大きくなっています。このまま順調に出産までもっていけるよう引き続き経過を見守っていきたいと思います。


帯状疱疹

2020年2月中旬 51歳女性のケース

症状 定期的にケアで来院されている患者様。
1月義理のお母さんの介護で過度のストレスがかかっていた。1週間前から左脇ピリピリ、つるような感じ。
衣服が触れても痛む。昨日水ぶくれができたのでクリニック受診。1週間分の薬と塗り薬を処方される。
以前帯状疱疹の予防接種をうけていたおかげか水ぶくれは少ない。
治療経過 元々胃腸虚弱で内湿があるところへ過度のストレスがかかり肝鬱気滞→化火→肝の裏の胆経へ湿熱波及

1週間後に来院 週半ばに痛みのピークがあり鎮痛剤を1日2回服用 水泡はあまり増えなかった。

1週間後に来院 治療翌日から痛み徐々に治まり鎮痛剤は服用していない。ここ数日は痛みなし。
水泡も痂皮化しつつある

コメント 帯状疱疹は水痘の既往のある人体にウイルスがひそんでいて過労、老化、病気で免疫力が弱った時に発病します。

末梢神経痛(皮膚にチクチク痛みがあったり、違和感がある)が先におこり2~3日後に水泡が出てきます。水泡が出ると痒みを伴った痛みを生じます。
水泡は1週間ぐらいで膿疱化し10日ぐらいで結痂し治ります。ひどい場合水泡が化膿して治るまでに1か月以上かかることもあります。

この患者さんは予防接種を受けていたこともあり水泡は軽微でしたが、重いものは皮膚が暗紫色になり汚い瘢痕を残し後々まで激しい神経痛に悩ませれることもあります。

鎮痛剤や抗ウイルス剤が急性期に用いられますが、鍼灸治療を早期に受けると後々まで神経痛が残らず綺麗に治ります。
皮膚の膿疱が治まるまで待たずに早期に鍼灸治療をされることをお勧めします。
また残ってしまった神経痛にも鍼灸治療は効果的ですのでご相談ください。


夜尿症

7歳女の子 初診2020年1月

症状 週3~4回 パンツに張るシートにおさまるぐらいの量 夜中1回分

日中頻尿の時がある。入浴前におしっこをしてまた入浴中にもしたくなる時がある。

寒がり。スイミングに通い始めたころ1時間のうちに3~4回おしっこ。最近は始まる前に1回、レッスン最中に1回

学校ではお昼休みに1回のみ 夕食から寝る前の間の水分量に関係なく夜尿ある日とない日ある

治療経過 週2回 小児鍼で治療

3診目 まで3日に1回夜尿

6診目 1週間夜尿なし おねしょシートをはずす。最近お風呂前におしっこにいけば入浴中はおしっこなくなる

7診目 10日間夜尿なし

8診目 11日目に夜尿あったがおねしょズボンにおさまるぐらい

コメント  現在も治療中です。1週間以上成功したことで本人が自信をもてるようになったことが良かったと思います。

失敗するときもあるけれど、治療を続けることでだんだん減っていくと思います。

今回の症例は早めに効果が表れましたが、夜尿治療は長期戦になることが多いです。気長に治療されることをお勧めします。